« 2009年3月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

モリエール、再び、のその後

Photo 前回の記事のその後、である。あまり差が判らないかも知れないが、これでも結構がんばったのだ・・・sweat01 

よく先生に指摘されるのだが、細部に捕らわれるあまり近視眼的になり、どんどん全体が黒くなっていってしまう傾向にある。石膏像のはずが、ブロンズ像のようになっていまう、ということだ。髪も、前よりもかつらのようになってしまったかも知れない。

奥行きも・・・あまり感じられない・・・か(汗)。

光と影と線。終わりのない探求であるsad (2009/08/24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリエール、再び

Photo モリエールである。ここのところ何だかんだで行けずにいたデッサン教室で久し振りに。前回とはほぼ反対側から挑戦。

それにしても、西洋人にはよくあることだが角度が変ると全く別人のようだ。それでも、某解剖学の専門家から「前回のよりも、今回のほうが良く描けている」とお褒めの言葉を頂戴したので、アップした次第。顔の骨格がちゃんと人間のバランスになっているらしい(笑)。ちなみに、先生にも「顔はかなり正確に描けていますね」というお言葉を頂戴したのでご機嫌であるhappy02

ちなみに、前回のはこちら(downwardright)。Photo_3 本人としては、今回のほうが苦労しているのだが、頭部と胴体とのバランスも今回のほうが上手く行っているらしい。なかなか集中力が持続せずに苦労している分、慎重になっているのかも知れない。何事もそうだが、「調子いいぞ!」と思っているときほど、ポカをやっていたりするものだ。些細なことにも発見あり。(2009/08/11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年9月 »