« 緩急 | トップページ | 永井一郎氏逝去 »

信頼





今日は、Stimme の営業でちょいとお出掛け。交渉成立の後に、友人と落ち合ってお茶して来ました(写真はイメージです。本文とは関係ありません・・・って、笑い転げていて本日の写真はないだけなんですけれど・・・笑)。

そう言えば、家族以外でリアルかつプライベートで人に会ったのは久し振りだったかも知れません。

プライベートとは言え、今日会った友人は、その文学的素養と言葉に対するセンスにおいて、ほとんど絶対的と言っても過言ではないくらいの信頼を寄せている人物。そのA嬢(仮・・・笑)に、医療面監修者Y氏に真っ赤に添削された詩の翻訳を見てもらいました。

運ばれてくるお茶が冷めてしまうくらい没頭して見てくれたA嬢。ここは朱が入っているけれど、私の訳のほうがいい、せっかく外国語からの翻訳なのだから、多少日本語としては角張っていたとしても、少し引っかかりがある位のほうが聴く側にも考えたり想像する余地ができて却っていいのでは、といった、とても嬉しくも有難いアドバイスをくれました。

その後は他愛のない話で笑いこけ、清々しい気持ちで帰路につきました(*^_^*)。
(2014/01/14)

|

« 緩急 | トップページ | 永井一郎氏逝去 »

文学雑感」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512718/58944830

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼:

« 緩急 | トップページ | 永井一郎氏逝去 »