« 図書ボランティア | トップページ | オリンピック女子フィギュア »

ミサ・ソレムニス




雪が溶けぬままの昨日、府中アカデミー合唱団の定期演奏会を聴きに行って来ました。お目当ては、メインのミサ・ソレムニス(ベートーヴェン)です。

会場は府中の森芸術劇場どりーむホール。私も結婚するまではバリバリの(?)府中市民で、府中オケにもエキストラで何度かお邪魔しており、その折に出来て間もなかったここの舞台に乗ったこともあります。

そんな懐かしい場でのミサ曲。中学・高校とカトリックのミッションスクールで育った身には、とても身近な言葉の数々。ただし、私は結局思うところあって(そのための勉強もしたのですが)受洗には至りませんでした。ですので、とても久しぶりに御ミサの通常文に触れました。今では主の祈りも口語訳になっているそうで、もはや私は遅れた存在なのかも知れませんが(^^;、今回のプログラムに載せられていた訳文は、私がまだ諳んじられる文語調のままでちょっとジンと来ました。

そして、音楽の力を今更ながら痛感させられることにもなりました。もろもろのことや思いが一気に押し寄せてくるようで、これは私自身のかなり個人的な体験による受容になりますのでここには書きません。ただ、いくら「個人的な体験に基づいた受容」とは言っても、それは音楽と、やはり歌や演奏が良くないと起こり得ないものでもあります。

日常的に御ミサに参列していた頃はまだ若かったこともあり、それほど深く考えずに口をついて出てきていた言葉たちでしたが、その一つ一つが、歌に乗せて届けられるとこんなにも深い御言葉(みことば)であったのだと、改めて受け止める機会となりました。

この公演をお知らせくださったもっちぃ様、どうもありがとうございました。ちなみに、写真のヴィオラは、昨年の秋に息子がお小遣いで私のために買ってくれたもので、今また花を付けたのでした。
(2014/02/17)

|

« 図書ボランティア | トップページ | オリンピック女子フィギュア »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512718/59153486

この記事へのトラックバック一覧です: ミサ・ソレムニス:

« 図書ボランティア | トップページ | オリンピック女子フィギュア »