« アンサンブル | トップページ | スタジオ録音・ヴィオラ編 »

「レコード芸術」9月号





本日8月20日発売「レコード芸術」9月号誌上の海外盤レビューに寄稿しております。





このR. シュトラウスのドキュメンタリーについて書きました。これまで公開されてこなかった映像などもあります。私自身は、もちろんシュトラウスの姿もそうですが、バイロイト方面(笑)では有名なピアニスト、シュテファン・ミキシュが、ピアノを弾きながら作品を通してシュトラウス像にアプローチしてゆく様が非常に興味深かったです。それはもう感動的なほど。

使用言語はドイツ語で日本語字幕は残念ながらありませんが、英語字幕でおおよそのことはつかめます。
(2015/08/20)

|

« アンサンブル | トップページ | スタジオ録音・ヴィオラ編 »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512718/62119393

この記事へのトラックバック一覧です: 「レコード芸術」9月号:

« アンサンブル | トップページ | スタジオ録音・ヴィオラ編 »