« R. シュトラウス・シンポジウム論考集 御礼 | トップページ

望月哲也/福田進一《冬の旅》





はるばる信濃の国から上京し、ピアノではなくギターと共演する「望月哲也 シューベルト三大歌曲シリーズ 」の、「vol. 1 冬の旅」を聴きました(2月18日/白寿ホール)。

第1曲「おやすみ Gute Nacht」歌い出しの "fremd(よそ者)"という語から、Wanderer の孤独な心の叫びのような…と言っても、あからさまな嘆きではなく、絶望と既に諦念が背中合わせになっているような、そしてどこか透徹した眼差しをも感じさせるような透き通った声で始まり、ゾクッとしました。これは言葉と音楽が融合した、声楽にのみなし得る世界だと、息が止まるかと思いました。ああ、もうこれを聴けただけで今日は帰ってもいい、と感じたほどです。かように冒頭から耽溺し、終曲の「辻音楽師 Der Leiermann」で辻音楽師に連れて行かれてしまった次第。

ギタリストは言わずと知れた福田進一さん。福田さんの奏でる柔らかい音に寄り添う望月さんの声。いまさら言わずもがなですが、歌曲の場合は「伴奏」ではなく、デュオと言っても差し支えないほど、ピアノ(今回はギター)パートは重要です。弦楽器の、殊に撥弦楽器の宿命とも言える、曲の途中であっても刻々と変化するチューニングにも、望月さんがどこまでも繊細に反応し、独特な響きの世界を創り上げていくさまは、もはや感動などというものは超越していました。

望月さんの歌は、ここのところ聴くたびに変わっている印象があります。以前は聴く者に降り注ぐような、或いは包むような声。とある知人は「心の襞に入ってきて満たされるような声」と言っていました。これは言い得て妙だと思ったものです。今回は、まるでギターの胴体まで響かせるような、そして聴き手の心臓の内側も響かせてともに鼓動するような、歌に乗せられた言葉が直に共鳴するような感覚を覚えました。この人は何かとてつもない領域に踏み出しているのではないかとすら思えます。

アンコールは楽器をイタリアものからフランスものに持ち替えての、第21曲「宿 Das Wirtshaus」をふたたび。楽器の音色の違いのせいなのかどうか、寒気がするほどの歌唱で、これはまさに歌われている「冷たい宿(=墓)」なのだろうかと、思わず身震いをしてしまったほど。



(楽譜にサインして頂きました)


福田さんとシューベルトと言えば、かつてフルートの工藤重典さん(だったと思います…間違っていたらごめんなさい)と《アルペジョーネ・ソナタ》を演奏なさったのが思い出深く、「編曲しながら、シューベルトはギターかマンドリンを爪弾きながら曲を付けたのではないかと思えるほどしっくり来た」というような内容のことをお話しになっていたのが印象的でした。そんな福田さんご自身の編曲による《冬の旅》を、ン十年(笑!)の時を経て聴けたことに感慨を覚えます。



(当日配られた対訳)


また、いつもながら望月さんご自身の対訳も興味深く拝読。「興味深く」などと書くと何だかエラそうですが(^^;、「これは敵わないなぁ」という部分も多く、また勿論「見解の相違」の部分も散見され(笑)、本当に「興味深い」としか言いようがないのです。ただ一つ、望月訳が素晴らしいなと思うのは、声に出して読んでみると、とても読みやすく、すんなり入っていけるものになっていることです。我々ゲルマ二ストは、恐らく大なり小なり「後ろから訳し上げず、できるだけドイツ語の語順を生かして訳す」という方法を取ると思います。殊に詩の場合には私もできるだけ原詩の詩行に忠実に、と思ってしまうのですが、そうするとどうしても日本語としてはぎこちないものになってしまい、原語が解る人ならともかく、そうでない人には分かりにくい日本語になりかねません。そのあたり、口の端に乗せやすい日本語にする望月さんは、さすがに表現者なのだなぁと、こんなところにも感服した、まだ浅き春の宵でした。
(2017/02/19)

|

« R. シュトラウス・シンポジウム論考集 御礼 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

文学雑感」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512718/64914331

この記事へのトラックバック一覧です: 望月哲也/福田進一《冬の旅》:

« R. シュトラウス・シンポジウム論考集 御礼 | トップページ