日記・コラム・つぶやき

ハイネの『抒情的間奏曲』とシューマンの《詩人の恋》





先週の土曜日のことになりますが、日本独文学会春季研究発表会での口頭発表、終了しました。

今回の題目は、以下の通り。

「詩人・ハイネ再考 ーー 『歌の本』と《詩人の恋》を手がかりに ーー」

そう、ホフマンスタールでもR. シュトラウスでもなく、ハイネとシューマンでの口頭発表でした。





これまで、ブース発表という、発展途上の研究で確たる結論を出すことも求められず、意欲さえあればそれを認めてくれるという、何とも太っ腹というか大らかなカテゴリーでは、ハインリヒ・フォン・クライストとゴットフリート・ベンについて喋ったことはありました。でも、長年連れ添って来た(?)ホフマンスタールとシュトラウス以外での、きちんとした研究発表は実は今回が初めて。

当初はあまり音楽に踏み込む予定ではなかったのですが、実際にはかなりの部分、音楽面での考察に紙幅を割くことになりました。それは、受容するために作品そのものが求めているものを明らかにしようと奮闘した結果のことでしたが、オペラならともかく、歌曲はやはり言葉と音楽が不可分で、どちらか一方だけでは駄目だということを痛感する良い機会になりました。





独文学会だったので、「そんなに音楽のことばかり扱って意味があるのか」と突っ込まれるかとも思ったのですが、それも杞憂に終わり80部用意した資料もまさかの完売。院生時代の先輩からは「とても説得力があって、これまで感じていた疑問が解消した」というコメントと有益なご指摘・ご質問を頂きました。そして何より、ハイネの専門家の先生に「新鮮でとても面白かった」と身に余るお言葉を頂戴したことが、本当に嬉しく、胸を撫で下ろしたのでした。

懇親会でも何人かの方にお声を掛けていただいたのですが、そのようなわけで結構音楽に割いた時間が多かったのにも拘らず、正しく「ハイネのイロニー」についての研究発表だと受け取って頂けたようで、そのこともホッとしました。

《詩人の恋》を扱いたいと一度は研究計画書まで書いたのは、もう20年前(!)。ほどなくしてホフマンスタール/シュトラウスでひっそりと音楽業界にデビューする機会を頂いたため、ハイネ/シューマンはそれきりになってしまっていたのですが、それでも文献を見かければ手に入れ、確実に書棚の一角を占め続けていました。そんな《詩人の恋》での発表を、自分の一番のフィールドである独文学会で聴いて頂けたことが、とても嬉しかったのです😌



(文学史の中での位置付けの確認は、やはりこの本に立ち返ってしまいます。)


今後とも研究を続けて行きたいと思えたのが、一番の収穫でしょうか。もう少しこの2人を追いたいと思います。聴いてくださった方たちに感謝いたします。
(2018/05/30)

【追記】
懇親会に出るとレアな日本酒があるそうですよと、後輩くんに耳打ちされて参加w
そのレアな日本酒というのは、早稲田大学独文科の卒業生が杜氏をしている蔵のものだったのだそうです。私好みのコクのあるお酒でした(⌒▽⌒)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにゃく座/喜歌劇《天国と地獄》





少し時間が経ってしまいましたが、先週、六本木の俳優座でこんにゃく座の喜歌劇《天国と地獄》を観ました(2月13日、18日)。

こんにゃく座の舞台を初めて観たのは1年前の『銀河鉄道の夜』です。「こんにゃく座」の存在はもちろん以前から知っていたのですが、子育て中の演奏会通いは自分の専門とその周辺に関わる演目に絞らざるを得なかったため、実演に接する機会がなかなか持てなかったのです。

宮澤賢治は、自分で朗読をすることはあっても客席で聴いたことがないなぁとちょうど思っていたところの、この演目でした。さらに、とあるオペラゴアーに「こんにゃく座は日本語がちゃんとしている。一度聴いてみたらいいんじゃないか」と言われたこともあって、息子と観に行ったのでした。

その時に、ザネリ役と、銀河鉄道に少女と乗ってくる家庭教師役との二役を演じていたのが、今回《天国と地獄》でオルフェを歌った沢井 栄次さんだったのです。「銀河鉄道」では、劇中でジョバンニが家庭教師を指して「ザネリだ! ザネリだ!」と叫ぶまで全く同一の歌手だと気づかず(^_^;)、また直後のザネリへの豹変ぶりがまた凄くて、「ひえー」とたまげたものです。あれは、衣装だとかメイクだとかいう次元ではなくて、沢井さんご自身の持っている、舞台人としてのセンスの為せる技でしょう。

その後、《タング》という創作ものを観に行った時も、前半の歌のステージの時のポーカーフェイスっぷりと、タイトルロールの妖精(!)タング役がまた全然違って、この時はもう「沢井さんてそういう人」と心得ていたので驚きはしませんでしたが、タングを巻きました(笑)。





そして今回のオルフェでは、もう声そのものが、こなれたと言うのか(←どうも不遜な物言いですみません)前二回の聴取時と違っているように聞こえて、何だか客席で動揺していました(^^;。座席の位置もあって、けっこう頭の真上で喋られたり歌われたりしたので、「うわああぁ、もう許して」という感じで、帰宅後ダウンしてました(まじめな話)。



(終演後にロビーで、沢井さんと。自慢の長男と次男、ということで!笑)


それと、ユリディス。A、B両組とも聴いて、どちらのユリディスもお気に入りでした(オルフェはシングルキャスト)。梅村博美さんと鈴木あかねさんのお二人が全く違う個性でそれぞれのユリディスを作っていらして、これだから劇場通いは止められない堪らない!と感じ入ったことでした。また観たいです。
(2018/02/21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一夜限りの「詩人の恋」、記事にして頂きました

「一夜限りの『詩人の恋』」について、信濃毎日新聞の松本平タウン情報さんが記事にしてくださいました。実際よりも上等な人物のように書いていただき、野口は少し汗をかいています(滝汗)。





著作権の関係で全文を写真に撮ることはできませんが、お近くの方はお手に取って頂けると嬉しいです(記事の一部を写してアップすることについては許諾済みです)。

この記事を書いてくださった信毎の阿部さんとは、実は長野市内のお隣の地区の住人同士で(子どもが同じ中学)、しかも出身は東京の稲城市と府中市という、多摩川を挟んでお向かいの地域。そして、ピアニストの横山さんが国立音大のご出身というところに反応なさっていたので何かと思えば、都立国立高校をご卒業だとか(←優秀!)。松本で何故か千曲川でも犀川でも女鳥羽川でもなく、多摩川ローカルで盛り上がったという(^◇^;)。「世間は狭い」と言うよりも、ご縁というのは、そういうものかも知れないですね。

一夜限りの「詩人の恋」、来月11月18日(土)、あがたの森文化会館講堂にて17:00開演です。どうぞよろしくお願いいたします。





【公演タイトル】
言葉が、歌に憧れた。
一夜限りの「詩人の恋」

【日時】2017年11月18日(土)17:00開演(16:30開場)
【会場】松本市あがたの森文化会館講堂(長野県松本市県3-1-1)
【出演者】野口方子(朗読)、望月哲也(テノール)、横山紘子(ピアノ)
【入場料】一般:4,000円、学生:2,000円(全席自由)
【プログラム】
 立原道造『優しき歌』(朗読)
 立原道造/柴田南雄《優しき歌》(歌唱)
 立原道造『夢みたものは』(朗読)
 立原道造/木下牧子《夢みたものは》(歌唱)
 ハインリッヒ・ハイネ/ローベルト・シューマン《詩人の恋》(朗読+歌唱)
【プレイガイド】(7月29日 10:00よりチケット発売)
 全国:チケットぴあ(Pコード:336077)
 松本市:(株)ミュージックプラザ・オグチ松本駅前店 0263-33-5568
井上チケットぴあ 0263-34-3655
 長野市:ながの東急百貨店プレイガイド 026-226-8181(代表)
     ヒオキ楽器本店 026-291-6438
【主催】一夜限りの「詩人の恋」in 松本実行委員会
【後援】長野県、長野県教育委員会、松本市教育委員会、信濃毎日新聞社、(公財)信毎文化事業財団、松本平タウン情報、市民タイムス
【お問い合わせ】文化工房シュティンメstimme_kultur@yahoo.co.jp

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
※会場建物が重要文化財のため、建物含め敷地内は火気厳禁(禁煙)ならびに建物内の飲食は禁止です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R. シュトラウス・シンポジウム論考集 御礼



(会場だった関西大学千里山キャンパス第一学舎)


昨年2015年5月31日に日本独文学会春季研究発表会で行ったシュトラウス・シンポジウム。その成果としてまとめた日本独文学会研究叢書を、10月22、23日に関西大学で開催された秋季研究発表会で配布しました。約200部あったものが、残ったのは何とたったの33部でした。



(右端のうす緑色のが私どもの叢書)


これで漸く、構想から数えると足かけ2年半のシュトラウス・シンポジウムに一区切りが付きました。しかも、望外の上首尾で。

評判というものは、意外と当事者の耳には直接届かないもので、ずいぶん経ってから「あのシンポジウムはすごく評判良かったですよね」と言われて「えっ、そうなんですか!? そうだったのなら嬉しいです」と、謙遜でも何でもなく本当に驚いたこともあったくらいです。それが今回、このように目に見える形で結果を出すことができて、自分でも意外なほどホッとし力が抜けて、その晩はいい気分で酔っ払ってしまいました(笑)。



(最終的な残部はこの33冊!)


正直に言えば、これまでは(今でもですが)決して平坦な道のりではなく、「こんな研究は意味がない」というような厳しいことを言われたり、心ない言葉で揶揄されることも少なからずありました。迎合したほうがよほど楽ではないかと、挫けかけたこともあります。でも不思議とその度に新しい出会いがあったり、別の機会への手を差し伸べられたりと助けられることが多く、何とか自分の思う道を歩んで来ることができたのです。

そのようにして細々と続けてきた研究をまとめたものが、これだけの部数捌けたということは、言うまでもなくそれだけ興味を持って頂けたということで、私の方向性は決して独善的でもなければ、間違ってもいなかったということなのだなと、心底安堵し、じんわりと喜びを噛み締めています。

もちろんこれは私などの力ではなく、演劇学の北川千香子さん、音楽学の広瀬大介さん、声楽家の望月哲也さんという(アイウエオ順です! 偶然シンポジウムでの発表順でもありますが…笑)、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの、名実ともに日本を代表する優秀な研究者・音楽家のお陰に他なりません。私などの呼びかけに快く応じてくださって、どうもありがとう。この顔ぶれが決まった時は、「私にできるんだろうか?」と震える思いも実はありました(告白)。でも皆さんのお陰でとても明るく楽しく、常に前向きな雰囲気で準備を進めることができて、この経験は一生のお宝です。



(左から、北川・望月・広瀬の各氏)


そして、私にこの機会というか指令を与えてくださった武蔵大学教授(今や副学長!)である光野正幸先生、この、漬け物石のように頑固でいつまで経っても不肖の弟子である私を、今もってお引き回しくださって、本当にどうもありがとうございます。少しはご恩返しができたようなら、とても嬉しいです。



(宅急便で送り返す覚悟もしていたのが、小ぶりのエコバッグでお持ち帰り可、という嬉しい結果に。)


そして、関心を持って昨年のシンポジウムを聴きにお出でくださった方々、今回の学会会場で研究叢書を手に取ってくださった方々に心より感謝申し上げます。
(2016/10/25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Stimme vol. 5 『風立ちぬ』終了



(竹風堂善光寺大門店3Fにある、大門ホールの控え室窓から望む)


昨日、見事な秋晴れに恵まれた日に、朗読コンサート Stimme vol. 5 を開催いたしました。





演目は、堀辰雄の名作中の名作、『風立ちぬ』。以前、堀の『大和路・信濃路』から「樹下」を読んだことはあったのですが、やはりこれだけの大作に挑むのにはかなりの勇気が必要でした。

今回、共演して頂いたヴァイオリニストの外山陽子さんとチェリストの宮澤等さんのお二方にサジェッションを頂き、耳に馴染みやすい曲をテーマ音楽のように扱ってみることにしました。そこで選んだのが、「庭の千草」の邦題で知られるアイルランド民謡の《夏の名残の薔薇》。これを、ヴァイオリン旋律・チェロ旋律・ヴァイオリン独奏・チェロ独奏とさまざまなヴァリエーションで、しかも場面によって奏法も変化させて頂き、とても効果を上げることができました。



(左から、チェリスト宮澤等さん、ヴァイオリニスト外山陽子さん、朗読者野口)


堀の文体というのは一種独特で、リズムがありながら、どこか良い意味でのトラップがあったりします。音楽で言えば装飾音があるような(?)。うっかり見切り発車で勝手に読むと、この罠にはまってしまうため、とことん、堀の文章に集中して対峙しないと、読ませてくれないのです。そこが堀文学の、情緒的でありながらも芯の強いところなのだろうかと、今回改めて感じました。

自然の描写も、自我のフィルターを通したヨーロッパ的なもので、日本的な花鳥風月の描き方とも異なり、自然の中に在る自分・自然を見つめ食い込んで行くような視線で捉えられています。

家人に指摘されて「そ、そうかな!?」と自分でたじろいでしまうのは、「読み方が恐ろしい」と。これは私の文学者としての、それも日本文学ではなくてドイツ文学者としての性のようなものかも知れないのですが、私が作品から引き出して伝えたいと思うのは、描写の(いわば表面上の)美しさだけではなく、その「美しさ」の根幹にあるものであって、それにアプローチしたいともがいているわけです。

それを「怖い」と評されてしまうのは、まだまだ深め方も実力も足りないということですが、この過程を経た上での「美しさ」を表現できて初めて、それは「美しい」ということになるのだという信念を持っています。

私は珠を転がすような美声の持ち主でもなければ、スラスラと流麗に読める器用なタイプでもなく、常にもがき憧れてジタバタしているような冴えない人間なのですが、そこに音楽があると、やはり救われるような気がするのです。(2016/10/17)


【今後の予定】
☆12月11日・ヴィオラ奏者中山良夫氏と宮澤賢治『よだかの星』(山形)

☆12月26日・ピアノ奏者大田麻佐子氏とパウル・ツェラン『声たち』(翻訳/野口)他(長野)

☆12月27日・ピアノ奏者大田麻佐子氏とミュラー『冬の旅』(翻訳/野口)他(黒姫)

☆2017年2月5日・中山良夫(ヴィオラ)高橋牧子(ピアノ)の両氏と、立原道造『優しき歌』、堀辰雄『浄瑠璃寺の春』(さいたま)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本独文学会@鹿児島大学



(鹿児島大学の歓迎立て看板)

10月3日、日本独文学会の秋季研究発表会(全国大会)で発表をするため、鹿児島大学へ行きました。心配された爆弾低気圧も支障なく、予定通りの快適フライトでKOJに到着、桜島も穏やかで美しい姿を見せていました。


(鹿児島大学のゆるキャラ二体...違)


(今回の演題)

今回の発表テーマは、これまでの私とはガラリと変わって、Anatomie (anatomy)です。私は病理解剖医であったゴットフリート・ベンの抒情詩《モルグ(遺体安置所)》について、ベン自身の詩論『創作の告白』を手掛かりに、創作をする際のベンの対象との向き合い方、言葉の持つ意味などに触れつつ報告を行いました。既訳では漠然として内容がよく判らない部分が多いため原文に当たってみたものの、やはりよく解らない。これはやはり医学的な知識がないとベンの描いたことが理解できないのではないだろうか?という疑問が出発点でした。


(今回の共同演者)

「ドイツ語ではこんなようなことが書いてあるのだけれど、臓器の位置関係や解剖の作法が解らないと、グロテスクな描写の中に潜むベンの抒情性も解らないのではないか。」

実際、解剖学者にそれらの疑問をぶつけ、レクチャーを受けながら読み返してみると、改めて解剖医であったベンの詩人としての、そして科学者としての透徹した視線を再発見した思いがしました。ベンが観照していたであろう光景が鮮やかさを増したように感じたのです。

そして、解剖学者の意見をききながら改訳を試みたものを、既訳とともに会場でお配りしました。その「再発見」をどこまで反映できたかは、まだまだ推敲の余地があるのは無論のことですが、発表後にお話しに来てくださった先生がたに概ね好評で、ほっと胸をなで下ろしました。生野幸吉先生の既訳にある意味挑むという、大胆な試みであっただけに、「ベンがどういうことを描いているのかがよく解りました。これは一つの成果ですよ」と言っていただき、嬉しかったです。


(ここのお店は、肝吸いではなく肝味噌汁!)

発表の後は、鰻で昼ビー。コップ焼酎が170円という天国のような(笑)。その後、白熊も制覇。


(これでベビーサイズ。)

今回の発表ではもちろん課題も新たに見つかり、それを宝として今後に繋げたいと思います。
(2015/10/04)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンサンブル





この夏は、県外の音楽仲間二人と組んでいるトリオの合わせを二回やりました。去年の夏に結成したのですが、物理的な距離もあるため、一年ぶりのことです。でも、アンサンブルや音楽に対する姿勢や考え方が共有できているせいか、時間や年齢差(笑!)をものともせず、とても密度の濃い、充実した時間を持つことができました。

もちろん楽しむためにやっているわけですが、この「楽しむ」ということ一つとっても、価値観が違うとなかなか難しい面が出てくるものです。しかしこの点でも、この仲間はとても良い感じです。「本当に楽しむためには、それなりの準備、心構えが大前提だ」という考え方の方向が一致しているのです。自分に許される範囲で頑張る、というのも、言うまでもなく自分を甘やかしたり逃げるための言い訳ではなく、最大限の努力をする、という意味です。それぞれがどうしても譲れない一線が自分の中にある、という頑固なところも心地よくすらあります。あはは、むずかしーと、にこやかに笑いながら陰ではガッツリ妥協なくさらっているような仲間。





この冒頭に二回出てくる回音、ヴィオラとピアノで全く同じことをやるのですが、これがピッタリ合った時の幸福感と言ったらありません。ピッタリ合う時というのは、ニュアンスまで合うものなので、もう恍惚に近い。何度か合わせ、聴き合い、ぴったり寄り添ったり、時には少しリードしたり、相手を思いながら弾くとそうなるんですね、これが。寄り添い合うのがアンサンブルの醍醐味。

無難にそつなくまとめる、ということも時と場合によっては必要なことも勿論あります。また、その時の自分の手札だけで、特にこれといった準備なしに対応できてしまうこともあります。それが「経験」というものではありますが、それを実力と勘違いして、そのようなアウトプットが常態化してしまえば、少なくともそれ以上の成長はありません。常に高みを目指すためには、自分の過去の経験を守りに入るのではなく、やはり時間をかけた準備と不断の努力が必要不可欠なのです。そうでないと、到底「寄り添い合うアンサンブル」などできようはずもありません。それはとても勿体ないことですし、残念なことでもあります。





見た目の華やかさに惑わされない、地道な努力を重ねていきたい、という思いを新たにした夏です。
(2015/08/14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントミューゼ@上田市





来たる8月5日の軽井沢大賀ホール出演に向けて、合わせ練習が始まりました。梅雨明けか、と思われるような晴天に恵まれた夏日、上田市にあるサントミューゼのスタジオを訪れました。



(入り口付近から望む。落ち着いて明るい雰囲気。音楽が聞こえてきそうです。)



(スタジオも山小屋風で素敵)


窓からの眺望も、いつまでも見ていたいような素晴らしさです。





とは言っても、時間は限られています。早速、音出し後、選曲について打ち合わせを行いました。



(ライアーを弾く秋山先生)


今回は、秋山雅子先生主催の「語りと音楽『シリウス』」へのゲストの形での参加です。演目は宮沢賢治の『よだかの星』で、秋山先生が「よだか」の役と、ライアーハープを弾いてくださいます。曲を含めた時間を計りつつ、読み合わせを行いました。



(何故かこんな楽器がありまして…)




(お友達^^)


当初は『よだかの星』だけの予定でしたが、時間に少し余裕が出るため、秋山先生が『雨ニモマケズ』を朗読なさいます。素敵です。



(画像はイメージです)


「語りと音楽『シリウス』」の出演は、8月5日(水)です。15:00開演(14:30開場)で、当日3組出演するうちの、トップバッターを務めさせて頂きます。15:00の開演から、およそ30分ほどのステージ。入場無料ですので、避暑がてらお出掛けくだされば幸いです。
(2015/07/11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕込み開始





リラ冷えのとある夜、池袋の地下に結集した面子。Mゼミ門下でM教授を囲む会catface

M先生とは、学会などでお会いし立ち話をすることはあっても、お酒を飲むのは実はすごく久しぶりでした。もともと弟子を自由にさせてくださるタイプなので、学生時代から相当手を焼かせたことだろうと拝察(苦笑)。今回も酒が入る毎にタガが外れていく不遜な弟子。

しかし、幾つになっても指導教授は指導教授。結局アタマ上がらず、酒を飲んでお店を出てきた時には、とある密命(←大袈裟)を帯びていました(笑)。

一部では水面下で接触を図り、どんなテーマにしようか妄想ふくらみ中(≧∇≦)
(2014/05/27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再会の春





今日は快獣の入学式でした。卒業式では涙腺決壊で大変でしたが、今日はビクともせず(笑)。ただ、学ラン姿の快獣はやはり眩しかったです(#^.^#)。

そして嬉しかったのが、卒業した小学校の友達はもちろん、小学校では別々になってしまった幼稚園時代の友人たちと再会したことです。三学年で千人弱のマンモス校ではありますが、それだけ仲間も多いということ。ノグチも歩けば友に当たる、という感じで心強い限りです。

お調子に乗って(?)PTA役員にも立候補したのですが、役員会が開かれる曜日がどうにも合わず、あえなく除外対象に(^_^;)。中学校では図書ボランティアはないので、できれば学校と関わりを持ちたかったのですが・・・残念。

きっと、あっという間の三年間。充実した学校生活となりますように。
(2014/04/08)

| | コメント (0) | トラックバック (0)